• 住職 山本融聡

お彼岸も終わりました




春の彼岸永代経法要は

3月18・19・20日と

お勤めいたしました


昨年は緊急事態宣言などがあり

お彼岸は私と坊守の二人のみでお勤めし

門信徒の皆さんの参拝はなしという形でした


今年は3日間で総計109名のお参りと

通常時より少ないことですが

コロナ禍でもっと少ないのではと

思っておりましたので

お参りいただけて良かったです


今年は法要も開始から終了まで1時間以内と

通常の2時間から半分に短縮し

ご法話も私がお話をさせていただきました


初日は「私たちのちかい」についてお話しました

私たちのちかいは阿弥陀さまの願いであり

その願いをいただく私たちが

少しでも阿弥陀さまの真似事をさせていただく

ことが大切です


2日目は以前にテレビで放送された

「恋する本願寺」のDVDを見ました

西本願寺の本堂から飛雲閣などが写り

お茶席などのシーンでは

以前団体参拝で訪れた方は

そこでお茶をいただいたのを思い出したようです


3日目はまた私の法話でした

まだしばらくこういった時間短縮の形で

ご法座を続けてまいります



0件のコメント

最新記事

すべて表示

納骨堂の開館期間と代参

納骨堂の開館ですが 8月7日(土)〜16日(月) 午前9時〜午後5時 までです 今年は納骨堂の各家の片付けも 16日までとさせていただきます また、納骨堂に遠方から コロナ禍によりお参りに来るのが 大変になったという声が 昨年のお盆から寄せられました そこで、お寺でお花と供物を用意し お経をお勤めするという 納骨堂のお参りの代行を 昨年からいたしております 今年も現在、第5波という状況になりつつあ