top of page
  • 住職 山本融聡

今年を振り返って


大雪の後に気温が高くなり湿った雪の状態となり

屋根から雪が落ちたのは良かったのですが

重さがある分壁近くに落ちてしまいました

普段は取り除いているのですが

建物が近すぎるので重機では難しいかもしれません


12月は雪と格闘しているうちに年末となりました

今朝の朝刊には今年の10大ニュースが載っていました

道内では知床観光船の沈没事故

国内では安倍元首相が撃たれて亡くなる

国際社会ではロシアがウクライナ侵攻をしたことが

それぞれのトップでした

電気代が大きく値上げとなり

灯油も高くなり

また全てにおいて物価高となりました


お寺としては

まだ行事でお斎はできませんでしたが

少しずつ行事法要はお勤めできるようになりました

それでも午後のみであったりとか

お茶を飲んだり食事をしたりということは難しく

そういったコミニュケーションの時間がないことは寂しいですし

また新しく婦人会や役員さんを依頼するのが難しいことでした

行事や法要が盛んにあるとお手伝いを依頼しやすいのですが…


また、役員さんがたと月参りのさいに個別にお話はできますが

皆で行事の後にお茶を飲みながら

今後のいろいろな事について

話し合うという機会がなくなりました

コロナ禍によって失われたものは大きいですね


来年はといってもまだ全体の見通しは立ちませんが

一つ一つの行事を

順番にお勤めしていくしかないように思います


今年も1年間お世話になりました

有難うございました

来年も少しづつですが更新していきます!

最新記事

すべて表示

最近はお通夜やご法事でお話をさせていただくときに どういうお話だと聞いておられる方に伝わるのかと 随分と考えるようになりました 10年くらい前まではそんなこともあまり感じませんでしたが 最近は特に感じます ご法事も以前は浄土三部経をお勤めし 阿弥陀経もお経本をお渡ししていましたが こちらがゆっくり読んでいるつもりでも 早くてどこかわからなくなるとの声を聞き それからお正信偈にしています ご法話の時

bottom of page