top of page
  • 住職 山本融聡

令和4年 報恩講

今年の報恩講は8月29日、30日と2日間にわたってお勤めいたしました

それでも、コロナ禍から29日の午前と夜の法要は中止して

29日は午後1時半からの大逮夜(おおたいや)法要のみ

30日は午前10時からご満座(まんざ)法要となりました


大逮夜のお導師は新十津川町 円満寺副住職様でお正信偈を中心としたお勤めです

ご法話は三笠市 善行寺 名和康成師です

お子様との日常の出来事を交えながら、やさしくお話くださいました

30日のご満座は私がお導師を務め、阿弥陀経を中心としたお勤めでした

次回のブログの時にはアルバムに報恩講の写真をたくさん載せますのでご覧ください

最新記事

すべて表示

最近はお通夜やご法事でお話をさせていただくときに どういうお話だと聞いておられる方に伝わるのかと 随分と考えるようになりました 10年くらい前まではそんなこともあまり感じませんでしたが 最近は特に感じます ご法事も以前は浄土三部経をお勤めし 阿弥陀経もお経本をお渡ししていましたが こちらがゆっくり読んでいるつもりでも 早くてどこかわからなくなるとの声を聞き それからお正信偈にしています ご法話の時

bottom of page