top of page
  • 住職 山本融聡

令和5年 報恩講が終わりました1

今年の報恩講が終わりました

報恩講は宗祖の親鸞聖人のご恩に報(こた)えるお参りです

親鸞聖人がご誕生されなかったならば

私たちは浄土真宗の教えに出会うことはありませんでした

そのご誕生や、教えを開いてくださったことへの感謝のお参りです

ご法話は三笠市善照寺 林寺正憲師です

ユーモアを交え、また温かな人柄が伝わってくるお話で

みなさんお話に引き込まれます

昨年から始めた「法要スタンプラリー」の表彰式も行いました

全12回皆勤された方が3名

1回だけ欠席された精勤の方が4名いらっしゃいました


コロナ禍前はお斎がありましたが

役員会で今年もお斎(とき)のない形式となりました

一緒に食事をするということがないのは寂しいですね

婦人会でお斎を作ることは難しくなりましたが

お弁当を取ったりして来年はお斎の時間を設けたいですね



最新記事

すべて表示

能登半島地震の寺院関係の被害数

「月刊住職」という寺院関係の雑誌があり その2月号によると 石川県には3385の宗教法人があり 真宗大谷派(お東)が823ヵ寺 曹洞宗が136ヵ寺 浄土真宗本願寺派(お西)が99ヵ寺だそうです 北陸は真宗王国ともいわれますが 特にお東さんの多い地域です 富山・新潟なども含めると全宗派で1456ヵ寺の被災が確認されており まだ連絡のつかない寺院もあることから被災寺院の数は増えるとありました 日常生活

bottom of page