top of page
  • 住職 山本融聡

平等院


今回も宇治の平等院を訪ねてみました

今まで何回いっただろう

5回くらいだろうか

昨年の十一月にもお寺の団体参拝のおりにお参りしました

ただ、今まで周りから観るだけで、今回初めて中を拝観することが出来ました

中は時間と人数を限定した別料金の拝観なので、昨年は3時間待ちと言われ諦めました

今回は夕方訪れたこともあり三十分待つだけなので、見せていただきました

丈六の阿弥陀さまの周りには、九つの絵が描かれていたそうです

人間の種類を、上・中・下に分け、その上にも上中下の三段階あり、中と下にも三段階あることから九種類になるそうで、その絵です

一番最上を上品上生(じょうぼんじょうしょう)といい、最下位を下品下生(げぼんげしょう)といいます

ちなみに上品(じょうひん)、下品(げひん)はここからきています

親鸞はその中で、自分を下品下生といいました

さすがだなと思います

もうすぐ年の瀬で梵鐘がつかれますが

煩悩を取り去ることなど出来ないですね


最新記事

すべて表示

能登半島地震の寺院関係の被害数

「月刊住職」という寺院関係の雑誌があり その2月号によると 石川県には3385の宗教法人があり 真宗大谷派(お東)が823ヵ寺 曹洞宗が136ヵ寺 浄土真宗本願寺派(お西)が99ヵ寺だそうです 北陸は真宗王国ともいわれますが 特にお東さんの多い地域です 富山・新潟なども含めると全宗派で1456ヵ寺の被災が確認されており まだ連絡のつかない寺院もあることから被災寺院の数は増えるとありました 日常生活

bottom of page