• 住職 山本融聡

あの世の裁判


今日は百か日や一周忌のご法事がありました

そういう節目のご法事の時に

そういえば、亡くなった○○は、もうあの世に行ったのだろうかと

聞かれることがあります

他宗では、初七日は何何で

三十五日には閻魔大王が…などどいうところもありますが

親鸞聖人はいのち終わると

即座に仏様になると言われました

それは阿弥陀様のはたらきによるものです

ですから浄土真宗のご法事は

すべて亡き人を仏様として敬い

また偲びながらお勤めするご法事です

今日百か日の遺族の方とそんなお話をしていましたら

「そうだな、もしも閻魔さまの審判を受けたらアウトかな」と

やっぱり阿弥陀様のはたらきにおまかせる

というのが大事なことです


0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月10日 常例はお休み

緊急事態宣言が延長となりましたことから 6月10日の常例法座は お休みとさせていただきます。 今年の1月から 時間を短縮し 座席の間隔をあけて お勤めしておりましたが 感染者の拡大により 6月はお休みとします。 芦別市も本日から 高齢者のワクチン接種が 始まりったようです。